呼吸器外科受診 一時退院がきまる

呼吸器外科を受診した

腫瘍は小さくなってはいるものの、依然大血管への浸潤が否定できず、完全切除が達成できない可能性はあるとのこと

 

そういった場合にどうするか

 

現実的に、最初から大動脈置換をしてまで切除するというのは過剰であり、合併症も無視できない

可及的に切除し、術後の病理結果、経過で追加治療を検討する という方針となった

 

これは妥当だと思う

血管と接しているとはいってもそれほど広い範囲ではなく、切除は可能なのではないかという気はするが、、

実際に開けてみないとわからない部分も多いだろう

取り残した部分が壊死組織であればそのまま再発しないこともありうる

 

腫瘍成分が残ったり、奇形腫が疑われたりする場合は追加治療が必要であろう

 

また、手術に際してポートの抜去が望ましいとのこと

左腕頭静脈と接しているので、万が一術中に急なクランプが必要になった場合に支障が出るということだ

 

自分が切除する腕頭静脈の左右を勘違いしポートを左に挿入していた ということもあるが、右であってもやはり抜去したほうがよいとのことであった

 

追加で化学療法が必要な場合は、今度は右から挿入することになるだろう

 

MRIを撮影した

読影では、大動脈との間に脂肪は消失していて、浸潤は否定できない という結果であった

不安を残す結果であるがやはりこれをもって最初から血管置換というのは過剰に思える

まずは浸潤がなく、切除できる可能性を信じたい

 

退院日がきまり、次の入院日、手術日も仮ではあるがきまった

 

いろいろ事が進んでいく

不安要素を挙げればきりがないが、とにかくいまは最善を尽くしているといってよい

良い結果が得られることを期待したい

コメント

タイトルとURLをコピーしました