パソコンでテレビを観たい! ゾックス USBワンセグチューナー シルバー DS-DT308SV 使用レビュー

ガジェット

こんにちは

今回は、パソコン用のワンセグチューナーの使用レビューをしたと思います

どうしてこれを試そうと思ったの???

この間まで一月ほど入院していたんだけど、入院中はテレビが有料なんだ 

そこでパソコンでテレビがみられないかって考えたんだ

パソコン用テレビチューナーとは

テレビが無いところでテレビをみたい という状況はたまにあるもの

僕自身は入院中 テレビがあることにはあるのですが、有料で1時間100円くらいかかりました

見たい番組があればいいのですが、何となくつけておくとすぐカードの残量がなくなってしまい、もったいないと思っていました

他にも出張アウトドアなど、テレビが無いところでちょこっとみたい といったシチュエーションはたまにあると思います

少し前は携帯電話にワンセグがついている機種が多く発売されていましたが、最近はあまり見かけませんよね

ネット配信の普及や、NHKの受診料問題などが背景にあるようです

そんなわけで、今回は一番手軽に導入できる外付けワンセグチューナーを使ってみました

パソコン用テレビチューナーを選ぶ基準

外付けか 内蔵か

USBで簡単に造設できるものと、デスクトップパソコンに内蔵するものとあります

内蔵タイプの方が当然機能は上のものが多いですが、外付けはUSBに差すだけなので、どこにでも持っていけて簡単に設置できるというメリットがあります

また、内蔵は基本的にアンテナは壁から有線でつなぐ方式になっていますが、外付けは有線と自身のアンテナと両方使える仕様になっていることが多いです

チューナーの種類

フルセグチューナー

一般的な地上波テレビ放送を受信できます 放送局の受信エリア内なら無料で視聴できます

ワンセグチューナー

モバイル機器向けの地上波テレビ放送 受信データが少ないので受信そのものはフルセグより安定しますが画質は荒くなります

BSデジタルチューナー

BS放送やWOWOWなどを受信できます 有料チャネルは別途視聴契約が必要です

CSデジタルチューナー

スカパーなどの110度CSデジタル放送を受信できます 別途視聴契約が必要です

ワンセグチューナー使用の実際

今回の目的は地上波テレビを病室で見ること だったので、外付けタイプ、ワンセグチューナー を選択しました

値段はなんと700円ちょっと

病院のテレビカード1枚より安いね!!

本体はUSBメモリくらいの大きさです

それにドライバーとソフトウェアの入ったCDロム、有線で接続するためのケーブルが付属してます

ソフト、ドライバーのインストール

このような画面が出るのでインストール を選択します

ユーザー名、会社名(なんでも可)を入れた後、CDに書いているシリアル番号を入力します

インストールが完了するとこのようなアイコンができます

使用地域に合わせてチャネルのスキャン

CHUSEI というソフトを立ち上げ、まず使用地域にあわせてチャンネルをスキャンします

1分ほどで完了

テレビを視聴

このように視聴できます

良かった点

なんといっても導入が簡単で値段が手ごろです おもちゃ感覚で買えます

そしてデータ量がすくないため、受信は安定しています

悪かった点

画質が悪い につきます

ちゃんと見たい番組をみる という目的には少し厳しいかも

画質にこだわる場合はフルセグを選択するべきですが、そうすると受信が安定せず窓際じゃないとちゃんとみられない なんてことも

画質が悪くても字幕が読めない などというほどではなく、見られることは見られる といった感じ

それとDVDドライブのないノートパソコンに導入するときはインストールの時だけドライブを外付けするなどの工夫が必要になります、、(メーカーのホームページがなくなっているため現在webからのソフト入手ができない)

まとめ

そもそもテレビってなんとなくつけてる時間の方が多くないですか?

音が聞こえれば大体の情報は入ってきますし、そういう使い方をする分には十分でした

テレビが無いけど見たい という状況にはかなり重宝するアイテムだと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました